【ワインと、新しい出会い方】TRIWINE、サービス提供開始のお知らせ

 

2016年5月16日

 

 株式会社cubieは、「グラス1杯分」のワインが毎月3種類届き、試飲して気に入れば、フルボトルを会員限定価格で買えるワインクラブ、TRIWINE(トライワイン)のサービスを開始しましたのでお知らせいたします。

 

TRIWINEは、ワインとの新しい出会い方を提案します

 

 これまでのワイン選びでは、いきなりフルボトルを買うことが当たり前でした。自分でワインを試すことは出来ず、人気ランキングを検索したり、店員さんに勧めてもらったり、他人任せか、あるいは勘でワインを選ぶしかありませんでした。

 TRIWINEなら、毎月のテーマに沿った3種類のワインがそれぞれ「グラス1杯分」で届くので、自分の舌と鼻で試すことができ、高価なワインを買って外れを引くリスクを減らすことができます。他のお酒と比較して決して安いとは言えないワイン。高価であるからこそ、失敗のできない買い物であり、「お試し」をすることの重要性は高いと私たちは考えます。

 

TRIWINEの特徴

 

・ソムリエを含むワインラバー達が、世界中のワインから厳選
・お店ではグラスで飲めない、高価なワインを手ごろな価格で試せます
・特許取得の対酸化防止技術で、ワインバーでの味と香りを、家でまずはグラス1杯から楽しめます

 

TRIWINEのサービス

 

・グラスで試飲して気に入ったワインは、TRIWINEのWebサイトで、フルボトルを会員価格で買えます
・試飲したワイン名や生産者名などの情報は、付録のテイスティング・ノートでオシャレに残せます
・更に詳しい情報、知識を広げるコンテンツ、他ユーザーのレビューなどはWebサイトで見れます
・お酒を控えたい月は翌月繰越も可能、お届け日時指定や住所変更もでき、ギフトとしてのご利用も

 

価格について

 

 料金プランは3つ用意されており、通常4,980円(税抜)のところ、今ならオープニング・キャンペーンを実施中、3ヶ月のプランで月4,480円、6ヶ月と1年のプランでは、一括払いでそれぞれ月4,280円、月3,980円相当という価格設定になっています。好みの味を見つけるのに、運任せでたくさんのボトルを買うよりも割安ですし、試飲して気に入ったワインは、フルボトルを会員限定価格で買うことができ、お得です。

 

運営会社について

 

 TRIWINEを運営する株式会社cubieは、創業者である堀 洋郎が、外資系投資銀行UBSの東京・ニューヨークオフィスに6年勤務、グローバルMBA INSEADを卒業し、シンガポールでの起業を経て立ちあげた、設立間もないベンチャー企業です。製品とサービスにおいてデザインを重視する経営姿勢から、アート・ディレクターとして横山 徳氏、プロダクト・デザイナーとして原田 元輝氏を招聘した他、ソムリエやワインエキスパートなど内外10名のメンバーで運営を行っています。

  「工夫と行動で既成概念を作り変え、新しい成長と自由な生き方をデザインする」を企業理念として掲げており、TRIWINEを通じ、これまでにない付加価値を提供することで、お客さまにより利便性の高いワインとの接点を提案する一方、国内外のワインメーカーの皆さまが既存の販売チャネルだけでは掘り起こせていないファン層の拡大に貢献することで、日本のワイン市場の更なる活性化にまい進することを使命としています。

 

お問い合わせについて

 TRIWINE(トライワイン)は、「グラス1杯分」のワインが毎月3種類届くワインクラブです。試飲して気に入れば、フルボトルを会員限定価格で買うことができます。もっと詳しく知りたい方は、サービス紹介ページよくある質問をご覧ください。また、ご質問などがある方は、こちらのフォームから、またはhello@cubie.co.jpまでご連絡いただければ幸いです。

 

TRIWINE ロゴ

この内容で送信します。よろしいですか?