読者が選んだおすすめワイン〜甘口赤ワイン編〜

赤ワイン ハート

今回は、TRIWINEの読者が寄稿してくれた、おすすめの「甘口赤ワイン」を3点、ご紹介しようと思います。

 

ビール会社のワイン?安くても意外にいけるサッポロワイン

まず最初は「フルボディ飲みたい!でも高いんだよね・・・」と思いつつ、探しに探して見つけたお手頃価格の満足できるワインがこちらです。

サッポロ ワイン ポレールポリフェノールたっぷり 酸化防止剤無添加赤ワイン〈有機プレミアム〉

メーカー参考小売価格(税抜き)¥760

ポリフェノールたっぷり、と謳っているワインは他にもありますが数種を飲み比べてみて、このワインが一番濃くておいしいと私は感じました。赤ワインの渋みと甘味、コクがバランスよく味わえて、飲み下した後に味が口に広がる気がして、もう一口欲しくなります。

揚げ物や肉料理、チーズやアーモンドにもよく合って、つい飲みすぎ食べ過ぎてしまうので、家には常時1本しか置かないぐらいです。

 

珍しい赤ワインの微発泡

次は、赤ワインの微発砲って珍しいな、と思って買ってみたら嵌ってしまったワインです。

カビッキオーリランブルスコロッソドルチェNV微発泡・赤 750ml

Amazon価格:¥640

初めて買った当時は、ランブルスコがブドウの品種だということも、カビッキオーリ社ということも全く知りませんでしたが、細かい泡と甘口なのに引きずらない味わいに嵌り、リピート買いするために調べてしまいました。

やさしい細かい泡がグラスの底から生まれてくる様子を、 ぜひ背の高いフルートグラスで眺めてみてください。

二人だけのお祝いにも、パーティーの差し入れにもぴったりの華やかなワインです!

 

 

ヨーロッパの冬の定番!

最後は、風邪気味の時に良い温めて飲む赤ワインです。

白鶴グリューワイン赤1000ml

メーカー参考小売価格:¥1,490

ヨーロッパではホットワインは冬の定番だそうで、 このワインは日本製ですが、この冬ちょっと風邪をひいた時に買ってみました。ホットワインは以前から好奇心で飲んでみたいと思っていたのですが、いつも 1,000円以下のワインしか手にしない私には、風邪ひいたという言い訳が必要だったのです。

耐熱のグラスに移して電子レンジで1分程度、人肌よりも暖かいぐらいが良いようです。シナモンやクローヴ等が入っているので、少しスパイシーな香りがしますが、一杯飲み終わるころには手足がポカポカしてきます。

普段、末端冷え性の私には驚きの暖かさで、手足が湯たんぽになったみたいです。すぐに歯磨きして布団に入ったら、ぐっすり眠れ風邪もどこかに行ってしまいま した。これからは風邪をひいていなくても冬の定番になりそうです。

 


まとめ

いかがでしたか?今回は読者の方から寄稿いただいた甘口赤ワインをおすすめしました。微発泡や温めて飲むワインなど、変わりどころが多く、是非試してみたいですね!

 

最新情報発信中!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TRIWINE.jp BLOGでは、
ワインが好きな人、ワインを好きになり始めた人へ、
「サッと読めてタメになる」
旬のワイン情報をお届けします

この記事を読んだあなたにおすすめ

ワイン初心者におすすめ!ドイツの白はいかが?

2016-06-01 17:48

「何を飲めば良いのか分からない、、」ワインに興味のある初心者の方によくある悩みと言えます。この記事では、TRIWINE読者の方から寄稿されたワイン初経験のストーリーをご紹介します!

白ワインでカクテルを作るなら?定番から変わり種まで

2016-05-02 17:34

ワインにもカクテルがあることをご存知でしょうか?今回は誰にでも親しみやすく、簡単に作れる、白ワインベースのカクテルをご紹介します!

【TRIWINE読者が選んだ】おすすめワイン〜白ワイン編〜

2016-04-19 04:09

TRIWINE読者がおすすめするワインシリーズ、今回は白ワイン編ということで、チリワインから、コノスルのゲヴェルツトラミネールをご紹介します!

読者が選んだおすすめワイン〜甘口赤ワイン編〜

2016-04-16 05:25

今回は読者の方から寄稿いただいた、おすすめの甘口赤ワインをご紹介。変わり種もあります!

赤ワイン好きのための、今話題のスペインワインからおすすめの1本!

2016-04-14 20:32

オーガニック志向で今注目を浴びるスペインワイン。その中から今回は、これから評価が高ってきそうなスペイン原産のぶどう品種をご紹介します!

TRIWINE, ワイン, 選び方, ソムリエ

ワインはフルボトルで買うものと思い込んでいませんか?人気ワインランキングを検索したり、店員さんに勧めてもらったり、「当てずっぽう」のワイン選びは、もうやめましょう!

この内容で送信します。よろしいですか?