一番大事!?ワインの温度管理で知っておきたい全てのこと

赤ワイン ハート

通常、「ワインは涼しい場所、冷暗所で保管される必要がある」ということは、一般常識になりつつあるかと思います。多くの場合、18℃以上の温度で保管するべきではない、15℃での管理が理想的と言われています。

では、このワインの温度管理、一度ワインセラーを出てテーブルの上で振る舞われる時は気にしなくてよいのでしょうか?

「ワインを室温になじませる」という言葉をしばしば耳にするかと思いますが、この表現が生まれた時代のフランスの室温である17℃前後が想定されています。クーラーで17℃、という設定をイメージしていただければ想像がつく通り、この17℃、相当寒い設定温度だと言えます。つまり、実際に「ワインを室温になじませる」と温度が上がり過ぎてしまうのです。

この記事を読んで、ワインを楽しむための温度管理の知識を整理しましょう!

 

ワインは保管時だけでなく、飲む時の温度も重要!

ワインを飲む時の温度管理は、香りの印象だけでなく、口の中で感じる味わいや舌触りにも影響します。試しに同じワインを8℃と18℃で飲み比べてみると、全く別のワインという印象を受けるでしょう。適温でないと、強い不快感を与えることもあるので注意が必要です。

高温過ぎると

特定のアロマを際立たせ、オイリーでまったりとした質感、アルコール感が強くなります。高音過ぎると、胸がむかつくような、ねっとりとした重苦しい味わいになってしまいます。

低温過ぎると

今度は逆にアロマが隠れ、酸味とタンニンが強くなります。あまり冷た過ぎると、粗く硬い舌触りとなり、アロマが消えてしまうという残念な結果になります、、、

 

それなら最適な温度って?

全てのワインを同じ温度で出せばいいというわけではなく、それぞれのワインの個性に適した温度というものがあります。例えば、あまりフルーティーで はない辛口の白は、酸味と爽やかさを楽しみたいため、低温で、時にはしっかり冷やして出す方がいいでしょう。濃厚でスパイシーな赤は、タンニンを和らげて 丸みを出したいので、ほぼ室温(注:上記の通り17℃前後!)で提供します。

温度帯ごとに、最適なワインの種類を下記にまとめました。

20℃以上

どのワインでもNGです!

16-18℃

ボルドーなど濃厚な赤ワイン

14-16℃

ブルゴーニュなど、やや軽めでなめらかさと果実味のある赤ワイン

10-14℃

濃厚な白ワイン、高級シャンパーニュ、軽やかな赤ワイン

8-11℃

極甘口ワイン、酒精強化、ロゼワイン、フルーティーな白ワイン

6-8℃

発泡性ワイン、シャンパーニュ、酸味のキレの良い辛口のワイン

2-5℃

スパークリング、甘口白ワイン

 

ワインを飲むまで時間がない!そんな時の急速冷却法

上述の通り、ワインの理想的な保管温度は15℃です。この条件で保管できない時、急いで温度を下げるための方法をご紹介します。

ワインをふるまうまで2-3時間ある場合

適温になるまで冷蔵庫に入れておきます。

ワインをふるまうまで1時間しかない場合

氷水の入ったワインクーラーにボトルを入れます。冷蔵庫に入れる以上の効果があります。または冷水の染み込んだキッチンタオルをボトルに巻きつけて冷蔵庫に入れておくと、冷却が早まります。

ワインをふるまうまで1時間もない場合

ワインクーラーに冷水と氷を半分ずつ入れ、一掴みの塩を入れます。塩には急激に温度を下げる作用があります。

 

でもワインの温度ってどうやって計ればいいの?

じゃあ実際に温度を測りたい!と思うと、意外に身近なものでは液体の温度が測れないことに気づきます。そこでこの項では、ワインの温度を測定するためのグッズを幾つかご紹介します!ワインの味わい、香りを100%楽しみたいという人は是非お試しください。

 

貝印 ワイン専用温度計(非接触タイプ)3,000円 =-> TRIWINE会員限定特価2,100円

使い方はとても簡単。ワインの液面から2〜3センチ離して測定ボタンを約1秒押すだけ。素早く正確にワインの温度を測ることができます。

 

バキュバン スナップサーモメーター2,000円 =-> TRIWINE会員限定特価1,400円

ボトルに貼り付けるだけでワインの飲み頃温度が分かります。プレゼントにも最適です!

 

ボトルタッチ ワイン温度計シルバー1,500円 =-> TRIWINE会員限定特価1,050円

ボトルの外部にはめるだけ、電池不要で飲み頃温度を測ることが出来ます!

 

WINEX サーモナイフ5,000円 =-> TRIWINE会員限定特価3,500円

 

ソムリエナイフに"非接触型"の赤外線温度計をプラス

測定口をワインに向けて、測定ボタンを約1秒押すだけで、バッセン前のボトル温度、グラスに注いだ液面温度を、ワインに触れることなくスマートにチェックできます。実用性はもちろん、サービスにまたひとつ楽しみをあたえてくれる斬新ギアです。

 


まとめ

ワインは温度管理のシビアな飲み物です。それは保管中だけでなく、テーブルに並んでグラスに注がれる時の温度にさえ、注意が必要というシビアさが求められます。

この記事では温度管理の方法やツールをご紹介しましたが、ではこれを日常生活で気軽に飲む時に実践できるかというと難しいのは明らかです。あまり片意地張らずに、上等なワイン飲む時に少し注意するようにする、というくらいが落としどころかも知れませんね。

もちろん、お店でワインをサーブされる皆様には是非ともご対応いただきたいところです!ソムリエという職業が普通のウェイターさんと独立して存在しているひとつの理由が、こういったシビアな温度管理を徹底されているというところにあるのかも知れませんね。

 

最新情報発信中!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TRIWINE.jp BLOGでは、
ワインが好きな人、ワインを好きになり始めた人へ、
「サッと読めてタメになる」
旬のワイン情報をお届けします

この記事を読んだあなたにおすすめ

【理想的なワインをみつけるために①】タンク醸造 vs. 樽(タル)醸造

2016-09-03 16:49

ワインテイスティングの経験をもとに、自分の好みをきちんと把握しましょう。失敗のないワイン選びのために、まずはステンレスタンクと樽を用いた醸造の違いを知りましょう。

一番大事!?ワインの温度管理で知っておきたい全てのこと

2016-07-15 12:16

「ワインを室温になじませる」という言葉をしばしば耳にするかと思いますが、この表現が生まれた時代のフランスの室温である17℃前後が想定されています。つまり、実際に「ワインを室温になじませる」と温度が上がり過ぎてしまうのです。この記事を読んで、ワインを楽しむための温度管理の知識を整理しましょう!

3つのアロマ?知っておきたいワインの香りの知識

2016-07-13 05:32

長い月日熟成され、ぶどう本来の香り以上に複雑さを増したワインの香りには、ワインの味わい以上に感動したことがある、という方も多いかと多いと思います。この記事では、ワインの香りの構成要素である「アロマ」について解説します。ソムリエの方の説明にしばしば出てくる「アロマ」。知ったかぶりはここまでにして、3つのアロマの違いを解き明かします。

切っても切り離せない!ワインとラベルの関係性

2016-07-01 20:34

ワインの楽しみは、香りや味わいだけではありません。ボトルひとつひとつに貼られたラベルは、どれもデザインが凝っているものばかり。古めかしく威厳のあるものから可愛らしいものまでバリエーション豊かです。ワインをいっそう楽しめる、ラベルとの関係をご紹介します。

度数があるからワインになる!ワインがジュースじゃない理由

2016-07-01 17:03

ワインといえば美しいぶどう色や透き通ったマスカット色。ぶどうジュースにも見えてしまいますが、もちろん中身はまったくの別物です。アルコールを含んでいることがワインの特徴であり、この度数によって食卓の楽しみの幅が広がります。

TRIWINE, ワイン, 選び方, ソムリエ

ワインはフルボトルで買うものと思い込んでいませんか?人気ワインランキングを検索したり、店員さんに勧めてもらったり、「当てずっぽう」のワイン選びは、もうやめましょう!

この内容で送信します。よろしいですか?