3つのアロマ?知っておきたいワインの香りの知識

赤ワイン ハート

長い月日熟成され、ぶどう本来の香り以上に複雑さを増したワインの香りには、ワインの味わい以上に感動したことがある、という方も多いかと多いと思います。

この記事では、ワインの香りの構成要素である「アロマ」について解説します。ソムリエの方の説明にしばしば出てくる「アロマ」。知ったかぶりはここまでにして、3つのアロマの違いを解き明かします。

 

発酵とアロマ

アロマの大半は、ワイン醸造中に表れます。ぶどうは、品種によってその強度は異なるものの、ぶどう自身の中にアロマのポテンシャルを秘めているのです。しかし、このポテンシャルはワインを生み出す発酵の過程なしには表酒しないのです。

さらに、醸造や熟成の過程で、ぶどう本来のものではない、別のアロマが表れてきます。ワイン造りは単にぶどう果汁をアルコールに変えるだけではなく、複雑なアロマを創造する営みでもあるのです。

ワインの醸造は三段階に分けられ、第一アロマ、第二アロマ、第三アロマに分類されます。

 

3つのアロマ

第一アロマ

ぶどうの中に存在するアロマで、アルコール発酵時に抽出されます。果実、花、植物、ミネラルと言った単語で形容される香りです。

第二アロマ

酵母の働きにより、あるいはマロラクティック発酵の過程で生成されるアロマです。砂糖菓子、ケーキ類のような甘い香りが形作られます。

第三アロマ

樽熟成、ボトルの中での長期熟成によって表れるアロマです。樹木、スパイス、焦げ臭さのニュアンス(トースト香、焙煎香)、森の下草、動物香がこのアロマです。

 

ブーケ、という名前もよく聞くけれど?

ブーケとは、成熟したワイン、年代物のワインの香りのことを指します。その大部分は第三アロマに由来しますが、年月を経て変化し、物が古色を帯びるように深みを増した第一アロマも少し含まれます。

フラワーアーティストの花束と同じように、素晴らしいワインの魅力は、ブーケのハーモニーにあるのです。

 


まとめ

この記事では、ワインの魅惑の香りを構成する「アロマ」について解説しました。

ぶどうがアルコール発酵することで抽出される第一アロマ、酵母の働きなどで生成される甘い第二アロマ、熟成を通じてワインに複雑さを与える第三アロマ。

次にワインを飲まれる時は、ワインの香りがどのようなアロマに分解できるか、考えながら飲んでみるのも面白いかも知れませんね!

 

最新情報発信中!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TRIWINE.jp BLOGでは、
ワインが好きな人、ワインを好きになり始めた人へ、
「サッと読めてタメになる」
旬のワイン情報をお届けします

この記事を読んだあなたにおすすめ

切っても切り離せない!ワインとラベルの関係性

2016-07-01 20:34

ワインの楽しみは、香りや味わいだけではありません。ボトルひとつひとつに貼られたラベルは、どれもデザインが凝っているものばかり。古めかしく威厳のあるものから可愛らしいものまでバリエーション豊かです。ワインをいっそう楽しめる、ラベルとの関係をご紹介します。

度数があるからワインになる!ワインがジュースじゃない理由

2016-07-01 17:03

ワインといえば美しいぶどう色や透き通ったマスカット色。ぶどうジュースにも見えてしまいますが、もちろん中身はまったくの別物です。アルコールを含んでいることがワインの特徴であり、この度数によって食卓の楽しみの幅が広がります。

【理想的なワインをみつけるために①】タンク醸造 vs. 樽(タル)醸造

2016-09-03 16:49

ワインテイスティングの経験をもとに、自分の好みをきちんと把握しましょう。失敗のないワイン選びのために、まずはステンレスタンクと樽を用いた醸造の違いを知りましょう。

【今更聞けないワインの常識】赤ワインと白ワインの違いをご存知ですか?

2016-05-30 03:07

赤ワインと白ワイン、もちろん見た目で区別できますが、いざその違いを説明しようとすると色以外の違いまで知っている方は多くありません。この記事では、誰もが一度は疑問に思う、赤ワインと白ワインの違いについてご説明します!

【ソムリエになるには】知っておきたい基本情報のまとめ!

2016-05-27 22:25

この記事では、ソムリエになるために、知っておきたい基本情報をまとめています。ソムリエ協会とソムリエ連盟の違い、試験の難易度、試験日程など、抑えるべきポイントをご覧いただけます。

TRIWINE, ワイン, 選び方, ソムリエ

ワインはフルボトルで買うものと思い込んでいませんか?人気ワインランキングを検索したり、店員さんに勧めてもらったり、「当てずっぽう」のワイン選びは、もうやめましょう!

この内容で送信します。よろしいですか?